頭皮の痒みやフケブログ

2021.05.30

髪は肌ほどにものをいう

50歳のジャンクションを目の前にしていた私はできるだけ若く見られたいと、世に言うアンチエイジングに関する努力は一通りしていました。エステ、コラーゲン、自宅でする美容器具、果てはクリニックでプラセンタ注射。ボクシングならとうの昔にリングサイドから白いタオルを投げられる様な涙ぐましい努力の日々。

その甲斐あってか、人から「えっ三十代かと思った」「凄い若い」などと嬉しい誉め言葉も頂いたりしていました。

ところがある日のこと。何気に娘と一緒に映った写真を見て愕然とした私。

カメラに映った私の顔はさほど老け込んではいない。だが、決定的に五十路前と分かる決定打がそこにありました。

髪です。中学生の娘の髪は、俗に言う天使の輪が艶々と存在し、その隣に座る私の髪はと言うと、天使の輪どころか艶の一つも見当たらない、マット、マットそのものでした。

それだけならまだしも、毛先はまとまらず、まるで静電気が起こる球体をふれた時の人の髪の毛の様に、髪の毛の一本一本ががふわーっと散らばっているような...本当に悲惨な写真でした。顔だけお手入れした女優を見て「あーこの人の首見て、結構いっちゃってるぅ」なんて言ってた私がこの時ぞばかりに落ち込みました。

そこからです。私の涙ぐましい努力の日々が始まりました。

ブラシを高級豚気に変え、シャンプートリートメントは市販のものからヘアサロンお勧めのメデュラシャンプーに切り替え、洗って濡れたままで眠っていた怠惰さをちゃんとドライヤーで乾かす、海藻類などをこまめに食べる。

即効性はありませんが、髪を労ると言う行為をすることが自己啓発に繋がっている様でうっすらですが、天使の輪もどきが出来ました。

髪もお洒落の一部。毛先まで手と気持ちをかければ髪が私に応えてくれる....そう信じて今日もコツコツヘアケアをしている私なのでした。

2021.05.26

髪の悩みといっても頭皮について

髪の悩みといっても、頭皮についての悩みは自分だけかと思ってしまいます。これまではあまり頭皮についての悩みというのはなかったのですが、髪の悩みは頭皮からきていることも多いみたいです。頭皮が健康でないと健康な髪は育たないし、抜け毛や薄毛につながる可能性もあるみたいです。

自分の場合、普通のありきたりなシャンプーを使うと頭皮がカサカサしてくる感じなのです。頭皮自体に潤いがないというのか、まるで頭頂部でも厚い皮膚で蓋をしたようなイメージがあります。そこで、アミノ酸シャンプーを一度使ってみたのですが、お値段が高いうえに洗った感じが物足りないのです。

頭皮のためには、ローションなどがありますがそれがなかなか面倒なことも多いです。アミノ酸系シャンプーを使うとあのカサカサ感も感じなくなるのはわかっていますが、なかなか洗いあがりという面では普通のシャンプーの方がいいみたいです。

アミノ酸系のシャンプーで洗った感じがすっきりとなるものがあればそれがいいのですが・・。

また、洗い上がりがカサカサするのはきっと洗い流しが足りないことやリンスのせいかもしれないと思うこともあります。でも、アミノ酸系のシャンプー以外は全部こんなふうに頭皮がカサカサしてくるものなのでしょうか?シャンプーの種類を全部試してみるわけにもいかず、髪の悩みといえばこのようなことです。

2021.04.26

頭皮の痒みやフケは定期的で適切なケアを

私は仕事をしているときや、勉強しているときなど、難しいことを考えるとクセで頭を掻いてしまうことがあります。時には血がでてしまい、瘡蓋になって、またその瘡蓋を掻いて血を出してしまうことがあります。

特に夏場など汗をかくと余計に頭が痒くなり、かいてしまいます。また冬場の寒い時なども、乾燥しているときはフケが非常に多くでてしまいます。そんな時に頭を掻くとフケがとても多量にでて服についてしまい困っていました。

頭皮ケアに関しては、無頓着な私でしたが、シャンプーを変えることにしてみました。ある程度お金を出せば、まあまあフケや痒みを抑えることはできるシャンプーはありましたが、完璧に改善されることはなかったです。そこで美容室等で頭皮ケアをしてもらいました。

まずはカメラで頭皮の状態を見ましたが、頭皮は赤みをおびていて傷ついていました。頭皮に優しいシャンプーを使ってもらったり、ヘッドスパをしてもらったりなど行いました。その後に再度カメラで頭皮の状態わをチェックすると赤みがひいて少し落ち着いていました。

そのため、ある程度は改善されて痒みもなくスッキリしました。したがって、定期的に美容室で頭皮ケアをしたり、シャンプーを自分に合うものにすべきだなと感じました。

カテゴリーリスト

フィード

ブログ内検索

ページトップへ